Nutanix と VMware vSAN/DellEMC VxRAILを比較

  • 12 January 2021
  • 0 replies
  • 130 views

Userlevel 3

本記事は2020年2月27日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。

原文はこちら

 

以下はNutanixのAcropolis分散ストレージファブリック(ADFS)とDellEMC VxRAILプラットフォームの基盤をなすVMware Virtual SAN(vSAN)の機能と能力を比較した一連の記事です。

このシリースは継続的に更新、拡張されて行きます。

 

もしも取り上げてほしいご質問やトピックスがあれば@josh_odgersからTwitterやLinkedInでご連絡ください。(※日本語でのお問い合わせは本記事のコメントにてお願いいたします。)

また、 DellEMC/VMwareがNutanixに対して行っている数多くの誤った訴えについて取り上げているDellEMC/VMware anti-Nutanix FUD index(DellEMC/VMwareのNutanixに対するFUDへの反論の索引)も御覧ください。 

 

 

利用可能なキャパシティ比較

 

重複排除&圧縮

 

イレイジャーコーディングの比較

 

ストレージキャパシティの拡張

 

ドライブ障害の比較

 

混在クラスタのサポート

 

Write I/Oパスの比較

 

Read I/Oパスの比較

 

ノード障害の比較

 

ストレージアップグレードの比較

 

利用可能なキャパシティの比較 ー パート2

 

メモリ利用の比較

 

CPU利用の比較

 

ビッグデータの取り込み性能におけるネットワーク帯域への影響についての比較

 

高耐久性のフラッシュデバイス要件についての比較

 

I/Oパスのしなやかさの比較
更に追記予定!  
   

 


This topic has been closed for comments