HCIプラットフォームの可用性、回復力、そして整合性 – パート2

  • 26 May 2021
  • 0 replies
  • 121 views

Userlevel 3

本記事は2021年1月12日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。

原文はこちら。本シリーズの索引はこちら

 

Part1ではX-Rayのシナリオである「Platform Availability, Resiliency & Integrity (プラットフォームの可用性、回復力、そして整合性)」の成功結果のチャートと失敗結果のチャートを確認しました。

(可用性が期待されたレベルで維持できたか、障害で I/Oエラーが検出されたかを確認できます)

 

パート2では、ESXi7.0.1ビルド17325551で実行されているNutanixAOS5.19およびvSAN7 Update1のさまざまなテスト結果を確認します。

 

注:同じテストをESXi6.7とESXi7.0.1の以前のビルドで行い、AOSとvSANの両方で同様の結果が得られました。

 

最初の比較では、X-Ray向けの「Platform Availability, Resiliency & Integrity」のシナリオを使用し、シナリオのデフォルト設定を使用します。ディスク使用率は10%、I/Oタイムアウトは30秒、および「全てのプラットフォームでの復元力テスト」です。

 

パート1で学習したように、テストではノードごとに1つのVMをデプロイし(N+1ノード目は除く)、ノードでアクションが実行される前に、VMをノードからプロアクティブに移動します。これにより、VMはテスト全体を通じて起動し続け、I/Oアクティビティと整合性を正確に確認できます。

 

Nutanix AOS 5.19とvSANはどちらも、ESXi 7 Update 1(ビルド17325551)と同じDell PowerEdge R740xd-24 NVMe + SSDハードウェアで実行されています。

 

テスト前に、すべてのノードを最新のBIOS/ファームウェアに更新し、可能な限り公平で比較可能であることを確認しました。

 

VMの可用性(メンテナンスモード):

NutanixAOSとvSAN7U1はどちらもVMの可用性を維持していました(合格)

 

VM I / Oエラー(メンテナンスモード):

NutanixAOSまたはvSAN7U1ではI / Oエラーは発生しませんでした(合格)

 

VMの可用性(ローリングリブート):

NutanixAOSとvSAN7U1はどちらも、ローリングリブートフェーズ中にVMの可用性を維持しました(合格)

 

VM I / Oエラー(ローリングリブート):

Nutanix AOSではI/Oエラーは発生しませんでした(合格)

 

vSAN7U1で598のI / Oエラーが発生しました(不合格)

 

VMの可用性(電源オフ):

NutanixAOSとvSAN7U1はどちらも、電源オフフェーズ中にVMの可用性を維持しました(合格)

 

VM I / Oエラー(電源オフ):

Nutanix AOSではI/Oエラーは発生しませんでした(合格)

 

vSAN7U1で823のI/Oエラーが発生しました(不合格)

 

結果の概要:

 

同じBIOS/ファームウェア、同じビルドのESXi7 Update1(ビルド17325551)を含むまったく同じハードウェア(Dell R740xd-24)で、デフォルトのテスト設定を用いてテストを行いました。

Nutanix AOSは、VMの可用性とI/Oの整合性を維持しました。

vSAN7Update1は、再起動フェーズと電源オフフェーズの両方で失敗しました。

 

テストは両方のプラットフォームで数十回実行し同様の結果でした。唯一の違いはvSANで発生したI/Oエラーの数です。

結果が公平で、検出されないハードウェアの問題による影響を受けないようにするために、vSANに使用されているノードは(Nutanix Foundationを使用して)AOSに再イメージ化し、NutanixAOSに使用されているノードはvSAN7 Update1に再イメージ化しました。

 

NutanixAOSとvSAN7 Update 1の両方の結果は、繰り返される連続テスト全体で同様の結果となりました。

 

追加のテスト:

 

以下は、私が個人的に実行した追加のテストで、すべて同様の結果が得られました。

 

Super Micro Computer(SMC)ハードウェア(SATA-SSDを搭載したIvy Bridge NX-3450)上のNutanix AOS 5.19 / ESXi 7.0.1も、エラーなしでテストのすべてのフェーズで繰り返し合格しました。

SMC上のNutanixAOS 5.19 / ESXi 7.0.1(NX1465、1x SSD、2 x HDD)は、エラーなしでテストのすべてのフェーズで繰り返し合格しました。

SMCハードウェア(SATA-SSDを搭載したIvy Bridge NX-3450)上のvSAN 6.7では、テストのローリングリブートフェーズとパワーオフフェーズでI/Oエラーが繰り返し発生しました。

 

また、他のNutanixチームメンバーにラボ全体でテストを実行してもらいましたが、すべての結果は私のものと同様でした。

 

次のパート3では、vSAN 7 Update1のI / Oタイムアウトを180秒に増やし、結果が変わるかどうかを確認します。

 

パート1に戻る。


This topic has been closed for comments