Nutanix Clustersで2,000台のCitrixデスクトップを2時間未満でAWSへバースト

  • 24 November 2021
  • 0 replies
  • 39 views

Userlevel 3

本記事はJarian Gibson氏の記事の翻訳版です。

原文はこちら

 

今日の分散された職場環境を考えると、あらゆる場所から生産的に働ける、アプリケーション、デスクトップ、そしてデータにセキュアにリモートアクセスができる職場環境を迅速に用意できる能力は必要不可欠です。直近の数ヶ月、増加したリモートワークの要件によって、IT部門は分散された職場環境のニーズを迅速にサポートすることにフォーカスを余儀なくされました。IT部門が増加した分散された職場環境のニーズのために迅速にインフラストラクチャを展開できるようにするため、組織はAWS、Azure、GCPやその他のパブリッククラウドの採用を増加させています。IT部門は分散職場環境のニーズを満たすための ハイブリッド そして マルチクラウド ソリューションを探し求めています。Nutanix ClustersはNutanixのクラウドOSであるAOSをパブリッククラウドのサーバー上で稼働させ、同じ管理プレーンを利用して、パブリッククラウドにネイティブに統合されたシームレスなハイブリッドクラウド環境を実現します。

 

Nutanixはお客様の選択肢と Citrix Virtual Apps and Desktops が稼働するハイブリッドクラウド環境を実現します。Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsによって、IT部門はCitrixワークロードのための迅速な分散された職場環境のサポートを実現することができます。この共同ソリューションによって、お客様は、これまでデータセンター内で提供していたのと同じ機能をクラウド内で実現することができます。

 

  • Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsでは既存のNutanixのお客様は慣れ親しんだ同じ管理インターフェイスを提供します。Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopの管理はオンプレミスのNutanixインフラストラクチャ上での管理と見分けがつきません。実際のところ、オンプレミスのNutanixを管理するのに利用している同じPrism Centrarlインターフェイスを利用して、Nutanix Clustersを管理します。
  • Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsによって、お客様はオンプレミスのCitrixワークロードをクラウドへと迅速に拡張することができます。Nutanixにビルトインされているデータ保護そしてレプリケーションの機能を利用して、オンプレミスのNutanixインフラストラクチャからNutanix ClustersへCitrixのワークロードをかんたんに移行させることができます。
  • Nutanix Clustersによってお客様は稼働中のCitrixのワークロードにハードウェアについての先行投資を行うことなく追加ノードを加え、数千のCitrixユーザーをサポートするCitrix環境へと拡張することができます。Nutanix Clustersは最小3ノードのクラスタから展開することができ、最大で16ノードまでかんたんに拡張することができ、そして更に要件に合わせてクラスタのノード数を増減させることができます。
  • 管理者はNutanix Clustersをかんたんにハイバネート/レジュームすることができ、Citrixワークロードを稼働させるためのクラウドインフラストラクチャのコストを削減する事もできます。キャパシティが必要ないときにはCitrixワークロードを稼働させているクラスタをハイバネートし、再度キャパシティが必要になった際には単純にクラスタをレジュームすればよいのです。
  • Nutanix ClustersではオンプレミスのNutanix環境でも利用されていたNutanix AHVプラグインと全く同じものを利用します。Directorと統合されており、既存のNutanix AHVプラグインを活用してMachine Creation Services(MCS)を利用するCitrixワークロードを展開・配備でき、Citrix Virtual Apps and DesktopsサービスとCitrix Cloudを活用することができます。

 

AWS内のNutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktops

 

このブログ(と関連するビデオ)ではNutanix Clusters上で稼働するCitrix Virtual Apps and Desktopsをどれだけ簡単に、そして迅速に利用開始できるかを示しています。NutanixとCitrixのテクノロジーによって既存サイトに対して2,000台の新たなCitrixの仮想化デスクトップをAWS内で稼働する新たなハードウェア上に2時間未満で展開することができます。もしも既存のCitrix環境を迅速に拡張したいのであれば、Nutanix Clustersはまさにこれを実現します。

 

Citrix Virtual Apps and Desktopsサイトを拡張する際には2つの選択肢があります:

 

  1. 新たなオンプレミスのハードウェアを調達し、追加して既存のCitrix Machine Catalogを拡張
  2. Nutanix Clustersを活用して新しいNutanixクラスタを作成し、既存のCitrix Virtual Apps and Desktopsサイトへ追加

以下の12分のビデオではAWS内のNutanix Clusters上にCitrix Virtual Apps and Desktopsを展開する手順の詳細を収めています。このビデオはクラスタの展開のスピードとNutanixに統合されたレプリケーション機能を利用して、既存のゴールドイメージをオンプレミスのクラスタからAWS内で稼働しているクラスタへ移動させるのがどれだけ簡単なのかを示しています。CitrixのワークロードはMachine Creation Services(MCS)を利用して展開されています。

 

 

Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsのユースケース

  • オンデマンドの自在性: 変動するデマンドをサポートするためにCitrixワークロードをパブリッククラウドへと数分でバーストさせ、迅速にCitrixワークロードのキャパシティを拡張、または異なる地域リージョンへで拡張

  • ビジネス継続性: セカンダリのデータセンターや、単独のリカバリソリューションでの管理の複雑さなく、パブリッククラウドをCitrixのためのインフラストラクチャとワークロードの高可用性と災害復旧に活用

  • リフト & シフト: Citrixのためのインフラストラクチャとワークロードをクラウドへ移行もしくはデータセンターを統合。Citrix Virtual Apps and Desktops環境をリアーキテクトする必要はありません。シンプルにCitrix Virtual Apps and Desktops環境を全く変更することなく「リフト & シフト」するだけで、劇的にコストと展開にかかる時間を削減します。

  • 移行: オンプレミスのNutanixインフラストラクチャにキャパシティがない場合に、CitrixのワークロードをAHVへと移行する際にパブリッククラウドを活用。CitrixワークロードをNutanix Clustersに移行し、オンプレミスのNutanixインフラストラクチャにAHVを展開、その後、ワークロードをNutanix ClustersからオンプレミスのNutanixインフラストラクチャへと戻す。

 

Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsをはじめよう

Nutanix Clusters上で稼働するCitrix Virtual Apps and Desktopsによって、効率的、かつあらゆる場所から利用できる分散された職場環境が実現され、より堅牢かつ生産的に、かつデータや知的財産の喪失のリスクを削減することができ、IT運用をより効率化することができます。IT部門はオンデマンドな自在性やビジネス継続性、リフト & シフトそして移行のために迅速にCitrixワークロード向けの追加インフラストラクチャを展開することができます。

 

もしもCitrix ワークロードのためのインフラストラクチャをクラウド内に迅速に展開したいと考えているとしたら、まさにNutanix Clustersを利用するべきタイミングです。 Nutanix Clustersのウェブサイト を閲覧して、更に詳しく学び、次のステップを選択してください :

 

  • Test Drive: どのようにクラスタを利用するか、ハイブリッド接続をどう確立するか、Citirxワークロードをクラウド間で簡単に移行させるかを含んだNutanix Clusters on AWSのガイド付きセルフツアーを提供。
  • 30日フリートライアル: すでにお持ちのAWSアカウントを利用してEC2 baremetalインスタンスへアクセスしてオンプレミスのNutanixクラスタとNutanix Clusters on AWS感のハイブリッド接続を確立。

(注意 - フリートライアルはNutanixソフトウェアに対して適用されます。AWSのbare metal インスタンスのコストについてはユーザーの負担となります。)

Nutanix上でCitrixソリューションの稼働について更に詳しく知るためには、Citrix on Nutanixのウェブサイトを閲覧するか、ベストプラクティスガイドをご参照ください: Citrix Virtual Apps and Desktops on Nutanix.

Nutanix Clusters上のCitrix Virtual Apps and Desktopsでクラウド内へのCitrixの展開を劇的に加速することができます。

 

© 2020 Nutanix, Inc. All rights reserved. Nutanix, the Nutanix logo and the other Nutanix products and features mentioned on this post are registered trademarks or trademarks of Nutanix, Inc. in the United States and other countries. All other brand names mentioned on this post are for identification purposes only and may be the trademarks of their respective holder(s). This post may contain links to external websites that are not part of Nutanix.com. Nutanix does not control these sites and disclaims all responsibility for the content or accuracy of any external site. Our decision to link to an external site should not be considered an endorsement of any content on such a site. Certain information contained in this post may relate to or be based on studies, publications, surveys and other data obtained from third-party sources and our own internal estimates and research. While we believe these third-party studies, publications, surveys and other data are reliable as of the date hereof, they have not independently verified, and we make no representation as to the adequacy, fairness, accuracy, or completeness of any information obtained from third-party sources


0 replies

Be the first to reply!

Reply