Nutanixのメリット その9: 完全な統合ストレージ

  • 21 December 2022
  • 0 replies
  • 231 views

Userlevel 3

本記事はNutanixTechnical Marketing Engineer – NC2, NUS, NDBMike McGhee2022106日に投稿した記事の翻訳版です。

原文はこちら

 

 

 

Nutanixをハイパーコンバージドインフラストラクチャ-(HCI)と同義と考える方もいることでしょう。これは我々が別途ストレージ装置とストレージエリアネットワーク(SAN)、サーバー、仮想化が必要な構造のレガシーなソリューションを(HCIへと)置き換えてきたからです。しかし、Nutanixが完全な統合ストレージソリューションをご提供していることをご存知でしたか? 我々のストレージ・ソリューションには同じ分散プラットフォームを利用するiSCSIベースのブロックサービス、SMBとNFSのファイル共有、そしてS3互換のオブジェクト機能が含まれています。Nutanixはシンプルさ、柔軟さ、そしてビルトインされたデータに対するセキュリティをご提供するソフトウェア・ディファインドのエンタープレイズグレードの統合ストレージをご提供できる唯一のHCIソリューションです。

 

Nutanixユニファイドストレージ(NUS)とは?

Nutanixユニファイドストレージ(NUS)  には以下の3つのコアサービスが含まれています:

 

ファイルサービス

Nutanixのファイルサービスは、アプリケーションとユーザーによって生成される拡大し続ける非構造化データの保存、管理、拡張に対するシンプルかつセキュアなスケールアウトソリューションを提供します。一般的なユースケースにはVDI向けのホームもしくはプロファイルディレクトリ、監視ビデオやメディカルイメージまでもが含まれます。ファイルサービスはSMB 2, SMB 3, NFS v3, NFS v4の堅牢なプロトコルのサポートおよびマルチプロトコルのサポートを含む、完全な機能セットを提供します。シェアに対してのユーザークオータの適応や、WORMポリシーの設定、クラウドへのデータの階層化、そして災害復旧(DR)のためのシェアのネイティブなレプリケーションが利用できます。

 

オブジェクトサービス

オブジェクトサービスはセキュアなS3互換オブジェクトストアを提供します。オブジェクトサービスはモダンなクラウドネイティブおよびビッグデータ分析ワークロード向けの高いパフォーマンスを提供します。Commvault、HYCU、Veeam、Rubrikのような業界をリードするデータ保護パートナーとのパートナーシップの中でバックアップアプリケーション向けにも広く利用されています。オブジェクトサービスはバージョンコントロール、WORMのサポート、S3 Select機能そして、ロードバランシングとデータ保護のための統合リアルタイムレプリケーションが統合されています。

 

ブロックサービス

Nutanix VolumesはiSCSIプロトコルを利用して、仮想ゲストOSや物理ホスト向けに直接ストレージリソースを提供するエンタープライズクラスのサービスです。主なユースケースにはOracleやMicrosoft SQL Serverのような大規模データベースワークロードとコンテナ化されたアプリケーション向けの永続ストレージを含む様々なニーズに対する共有ストレージなどがあります。

 

Nutanixユニファイドストレージ(NUS)が特別な理由は?

 

シンプルさ

Nutanixクラウドプラットフォーム(NCP)は仮想化されたワークロードとともに、ファイル、オブジェクト、そしてブロックストレージのための単一のプラットフォームとして振る舞います。この共通プラットフォームはストレージのサイロの撤廃と一貫した、展開、拡張、更新、監視を含むシンプル化された運用の提供に役立ちます。

Nutanix Prismは経験の深いストレージ管理者から仮想化の専門家に至るまで、あらゆる人々がこれらのサービスを容易に展開できる共通の管理インターフェイスです。 IDCの調査で、Nutanixのファイルストレージはストレージ管理の効率が60%優れており、展開が82%も早い(1)ということが判明しましたが、特段驚く結果ではありませんでした。

Source Adapted From – IDC Nutanix Unified Storage Business Value Study, US49602722

 

柔軟な利用

Nutanixユニファイドストレージは最小では単一のノードからはじめて48ノードの規模で数PBにも及ぶデータにまで拡張ができます。ソフトウェア・ディファインドで有ることで、異なるストレージサービスを同じクラスタにニーズに応じて同居させることができ、様々なプロトコルを利用し、時と共にそれが変化してゆくモダンなアプリケーションにとって最適です。クラスタはストレージサービスのみを動かす専用クラスタにも、いくつもの仮想マシンも含める、混在クラスタにもすることができます。いずれの場合であっても、ライセンスはキャパシティをベースとして、ポータブルになっており、小さく始めて、必要になれば拡張分を追加購入するという柔軟性をもたらします。

ユニファイドストレージはソフトウェア・ディファインドであるため、コンピュートのスケールアップやファイルサービスでのストレージのスケールアウト、またはオブジェクトサービスにおけるマルチクラスタにまたがった単一ネームスペースであれ、 いつでも拡張する事ができます。アップグレードも全てのサービスが独立して行えるようになっています。例えば、ファイルサーバーのアップグレードではハイパーバイザーや、他のユニファイドストレージの機能へ変更が必要ということは一切ありません。

  

セキュリティ-ファーストデザイン

セキュリティはセキュリティとパフォーマンスそして機能がトレードオフになることを避けるため、製品の開発ライフサイクルから組み込まれています。Nutanixは米国国防総省のSTIGsをベースとしたカスタムセキュリティベースラインドキュメントを公開していますが、このなかではインフラストラクチャー全体のスタックと現場でどのように環境をセキュアにするのかについてカバーされています。

Nutanixはデータが保存時にセキュアに保つため、自己暗号化ドライブを利用するか、またはソフトウェアのみでの暗号化を行うかの選択肢と、鍵ベースのアクセス管理を統合しています。プロトコルに特化したセキュリティもソリューション内では重要です。SMB、NFSおよび S3向けのファイル転送中の暗号化、ファイルとオブジェクト奏法でのWORMのサポートがサポートされています。

 

Data Lens

Nutanixはセキュリティにデータの可視化も含めており、Data Lensで更に歩みを一歩進めています。Data LensはNutanixユニファイドストレージ(NUS)に対する分析とランサムウェアに対する防衛を提供するSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)です。Data Lensは堅牢なランサムウェアに対する保護、完全な監査証跡、不審の検出、そしてデータの経年分析を提供します。

ランサムウェアに対する保護には自動化されたシグネチャーのアップデートとランサムウェアのアクセスパターンの検出によるファイルのブロックが含まれます。ランサムウェアイベントが発見された場合にはクライアントとユーザーをブロックするか、ファイルサーバー全体をRead-Onlyにするかを選択することができます。それだけにとどまらず、攻撃時にスナップショットが自動的に取得され、復元ポイントを提供します。リカバリワークフローは攻撃の影響を受けた可能性のあるファイルに全てフラグを付け、どのスナップショットから復元を行うべきかを推奨します。

  

なぜこれが重要か?

Nutanixユニファイドストレージ(NUS)は以下のようなIT組織にとっての本当のメリットをご提供します:

  • 以下によって運用をシンプル化:
    • 単一の拡張性が高く、アップグレードが容易なプラットフォームの集中管理
    • 単一のキャパシティをベースとしたSKU(型番)のソフトウェアで、専用および混在環境で利用ができ、あらゆるストレージサービスとプロトコルの組み合わせが利用できる
  • 以下によるコストの削減: 
    • ストレージの乱立を撤廃し、サイロを統合
    • 適切なサイジングで小さくスタートし、パフォーマンスに関して妥協することなく、徐々にGBクラスからPBクラスのストレージまで拡張
  • 以下によってリスクを低減: 
    • 統合されたランサムウェアに対する機能で攻撃の検出、保護、そして復元までをサポート
    • それぞれの独立したアップグレードから増分拡張までの管理の自動化によってマニュアルでの作業とエラーが起こりがちなプロセスを撤廃することができる 

みなさまに是非Nutanixユニファイドストレージ(NUS)を試して(Test Drive)みていただきたいと考えています。ご自身で何ができるのか実際に試していただき更に学びを深めていただくことができます! 更に、現在無償でご提供しているData Lensについても学ぶことができます。

(1) Source Adapted From – IDC Nutanix Unified Storage Business Value Study, US49602722


0 replies

Be the first to reply!

Reply