• 193 Topics
  • 155 Replies

193 Topics

Nutanix AOS vs vSAN/VxRAIL 大規模クラスタ & vSAN 7U1のデータ整合性

本記事は2021年2月5日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 このシリーズでは、Nutanix AOSが、3ノードクラスタを含むResiliency Factor 2(RF2:データのコピーを2つ保持する設定)を使用している場合に、メンテナンスモード、リブート、障害シナリオにおいて、仮想マシンの完全な可用性とデータの整合性を維持することを学びました。 また、Nutanix AOSとvSAN 7 Update 1を比較し、(vSANが)より高い(SCSI)I/Oタイムアウトの設定、データの完全退避モードを使用し、オブジェクト再構築タイマーを60分遅延からゼロ遅延(つまり、再構築を即時開始する設定)にしたにもかかわらず、vSANは再起動と電源オンオフ(障害)シナリオの両方でI/Oの整合性エラーが発生するという事実を見てきました。 このパートでは、引き続きX-Ray のPlatform Availability, Resiliency and Integrity(プラットフォームの可用性、回復性、整合性)テストを実施しますが、今回はDell PowerEdge r740xd-24ノード(NVMe+SSD)を使用した8ノードのvSAN 7 Update 1クラスタで行います。 このテストの目的は、大規模なクラスタが結果にどのような影響を与えるか、また、vSANが大規模な環境でI/Oの整合性を維持できるかどうかを確認することです。 それでは早速、結果を見ていきましょう。 メンテナンスモード:  (このテストフェーズでは)I / Oエラーはレポートされません。  再起動時:  (このテストフェーズでは)206のI/Oエラーが確認できます。 電源オフ時:  (このテストフェーズでは)56 のI/Oエラーが確認できます。 (テスト結果の)考察:4ノードのvSANクラスタでの以前の結果と比較すると、小さいクラスタよりも大きいクラスタの方がI/Oエラー数を減らすことができるようです。 これは、仮想マシンオブジェクトがより多くのノードに配置された状況下で、テスト内容が(8ノード構成の)クラスタ内の最初の4つのノードでのみ操作(メンテナンスモード、再起動、電源オフ)を実行するため、理にかなっています。 もし、このテストが(最初の4

HCIプラットフォームの可用性、耐障害性、整合性 – パート 5 – Nutanix AOS vs VMware vSAN/Dell VxRAIL - オブジェクト修復タイマーの値を0に減らした場合

本記事は2021年2月4日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの牽引はこちら。 このシリーズでは、Nutanix AOSがメンテナンスモード、再起動、障害シナリオにおいて、仮想マシンの完全な可用性とデータの整合性を維持することを学びました。 また、Nutanix AOSとvSAN 7 Update 1を比較したところ、vSANは、より高い(SCSI)I/Oタイムアウト設定と完全データ退避モードを使用しているにもかかわらず、再起動とパワーサイクルの両方の(障害)シナリオでI/O整合性エラーが発生するという事実に着目しました。 この、第5回では"vSANオブジェクト修復タイマーを60分から0分に減らすと、I/O整合性の課題に対して何か良い影響がありますか?"という質問にお答えします。 オブジェクト修復タイマーに馴染みのない方のために説明します。vSANオブジェクトは一部の障害シナリオに対して、(オブジェクト修復タイマーの)デフォルト設定である60分の間、修復が開始されません。その間、一部のデータは保護されず、設定されたポリシー(例:FTT1またはFTT2)に準拠した書き込みI/Oなどの機能を実行する能力を欠いた状態となります。 これこそが、X-Ray のPlatform Availability, Resiliency and Integrity(プラットフォームの可用性、回復性、整合性)テストにおいて、vSANがI/O整合性の問題に見舞われた原因であると考えられます。 では、この(オブジェクト修復タイマーの)値をより生産性の高い0分(の遅延)に変更する方法を見てみましょう。 vSAN 7 Update 1:オブジェクトの再同期(Resyncing Objects)のデフォルト表示  vSAN 7 Update 1:オブジェクト修復タイマーの値を0に変更する  この変更により、ノードがオフラインになった場合、vSANは回復力を維持するために必要なオブジェクトの復元プロセスを直ちに開始します。 これによりvSANは、vSAN 7 Update 1で変更されたメンテナンスモード時にデータの整合性を維持することが理論的には可能となり、再起動や障害の後にもデータの整合性を維持できる状態に一歩近づいたはずです。 その後、「カスタム」テスト

Nutanix AOS vs vSAN/VxRAIL 完全なデータ退避モードの場合

本記事は2021年2月2日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの牽引はこちら。  本シリーズのパート1では、HCIプラットフォームをテストするためにX-Rayを使って実行できる、新しい「HCI Platform Availability, Resiliency & Integrity (プラットフォームの可用性、回復力、そして整合性)」」のシナリオについて学びました。 パート2では、Nutanix AOSがメンテナンスモード、再起動、障害シナリオにおいて、仮想マシンの完全な可用性とデータの整合性を維持すること、そしてvSAN 7.0 Update 1が再起動と障害シナリオの両方でI/Oの整合性エラーが発生することを紹介しました。 パート3では、PVSCSIドライバのI/Oタイムアウトを30秒から180秒まで増やすことで問題が解決するかどうかを調べました。その結果、I/Oタイムアウトを増加させることでエラー数は減少しましたが、最終的にはvSAN 7 Update 1で発生するI/Oエラーを防ぐことはできませんでした。 今回のパート4での疑問は、「vSANの完全なデータ退避モードを使うことで、データの整合性の問題を回避できるか?」です。 完全なデータ退避モードについては、以下のVMware社のドキュメントで説明されています。簡単に言うと、ホストがメンテナンスモードになると、すべてのデータ(vSANオブジェクト)がクラスタ内の他のホストに再作成されます。ですので、理論上はホストがオフラインの間もデータの整合性が損なわれることはありません。 https://docs.vmware.com/en/VMware-vSphere/7.0/com.vmware.vsphere.vsan.doc/GUID-521EA4BC-E411-47D4-899A-5E0264469866.html パート2と3で、vSANでもメンテナンスモードのフェーズでは、可用性の欠如やI/Oエラーが発生しないことを確認しました。これは、これらのテストでも完全なデータ退避モードが使用されており、vSAN7U1とすべてのオブジェクトが、ホストがオフラインであっても常に利用可能であったためです。 しかし、再起動や電源OFFのフェーズではどうでしょうか。 再起動や

HCIプラットフォームの可用性、復元力、そして整合性–パート3 – VMware vSAN / DellVxRAILの I/Oタイムアウト増加比較

本記事は2021年1月14日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの牽引はこちら。 パート2では、Nutanix AOSがプラットフォームの可用性、復元力、そして整合性テストのすべてのフェーズでVMの可用性とI/Oの整合性を維持しているのに対し、vSAN 7 Update 1は再起動フェーズと電源オフフェーズでいずれも失敗し、何百ものI/Oエラーが検出されていたのを確認しました。 パート3では、I/Oタイムアウトをデフォルトの30秒から60秒、90秒、120秒、150秒、そして最終的には180秒に増やすことでどのような結果になるかを確認していきます。 I/Oエラーが検出される前に、SCSIスタックは180秒のタイムアウトで6回の再試行を行います。つまり、エラーが検出された場合、1080秒後にI/Oが失敗したことになります(X-Rayのタイムアウトを最大の180秒に設定した場合)。 それでは結果を見てみましょう。 メンテナンスモードフェーズ: vSANは、すべてのタイムアウトレベルでVMの可用性を維持しています。  vSAN はメンテナンス モード フェーズで I/O エラーは発生しませんでした。興味深いことに、稀にメンテナンス モード フェーズで vSAN が I/O エラーを起こすことがありましたが、これには正直驚きでした(少なくとも vSAN 7 Update 1 では)VMware が vSAN 7 Update 1 で次のように発表していたからです。 vSAN 7 Update 1では、データの高可用性を実現するために、ホストがメンテナンスモードの間の耐久性を強化し、Ensured Accessibilityモードを採用しました。FTT=1の障害耐性を持つVMオブジェクトは、ホストをメンテナンス モードにすると、唯一のアクティブレプリカを含む 2 番目のホストが利用できなくなった場合のデータの可用性が強化されます。これにより、回復不能なノード障害が発生した場合、ホストがメンテナンスモードを終了すると、オブジェクトデータは保存された増分書き込みを使用して適宜更新されます。出典:https://blogs.vmware.com/virtualblocks/2020/09/15/whats-new-in-vsan-7-upd

HCIプラットフォームの可用性、回復力、そして整合性 – パート2

本記事は2021年1月12日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 Part1ではX-Rayのシナリオである「Platform Availability, Resiliency & Integrity (プラットフォームの可用性、回復力、そして整合性)」の成功結果のチャートと失敗結果のチャートを確認しました。(可用性が期待されたレベルで維持できたか、障害で I/Oエラーが検出されたかを確認できます) パート2では、ESXi7.0.1ビルド17325551で実行されているNutanixAOS5.19およびvSAN7 Update1のさまざまなテスト結果を確認します。 注:同じテストをESXi6.7とESXi7.0.1の以前のビルドで行い、AOSとvSANの両方で同様の結果が得られました。 最初の比較では、X-Ray向けの「Platform Availability, Resiliency & Integrity」のシナリオを使用し、シナリオのデフォルト設定を使用します。ディスク使用率は10%、I/Oタイムアウトは30秒、および「全てのプラットフォームでの復元力テスト」です。 パート1で学習したように、テストではノードごとに1つのVMをデプロイし(N+1ノード目は除く)、ノードでアクションが実行される前に、VMをノードからプロアクティブに移動します。これにより、VMはテスト全体を通じて起動し続け、I/Oアクティビティと整合性を正確に確認できます。 Nutanix AOS 5.19とvSANはどちらも、ESXi 7 Update 1(ビルド17325551)と同じDell PowerEdge R740xd-24 NVMe + SSDハードウェアで実行されています。 テスト前に、すべてのノードを最新のBIOS/ファームウェアに更新し、可能な限り公平で比較可能であることを確認しました。 VMの可用性(メンテナンスモード):NutanixAOSとvSAN7U1はどちらもVMの可用性を維持していました(合格) VM I / Oエラー(メンテナンスモード):NutanixAOSまたはvSAN7U1ではI / Oエラーは発生しませんでした(合格) VMの可用性(ローリングリブート):NutanixAOSとvSAN

HCIプラットフォームの可用性、回復力、そして整合性 – パート1

本記事は2021年1月11日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 X-Ray 向けの「Platform Availability, Resiliency & Integrity (プラットフォームの可用性、回復力、そして整合性)」のシナリオをもうすぐ(※原文記載時ママ)リリースできることを喜ばしく思います。 X-Rayにあまり馴染みのない方のためにご紹介しますと、X-Rayは自動化された検証とベンチマーキングのフレームワークのソリューションで、主なハイパーコンバージドインフラソリューションの包括的な360°でのアセスメントを提供します。 「Platform Availability, Resiliency & Integrity」シナリオ(これは現在ではvSphere 7 Update 1 のサポートのためのNutanixの公式なQAプロセスの一部でもあります)はHCIプラットフォームのメンテナンスモードへ入れたり、システムの再起動のような制御下で行われるメンテナンスはもちろん、ノード障害のような状況における仮想マシンのI/Oアクティビティ(可用性/回復力)を維持し、I/Oの整合性(エラーがないこと)を再現することを念頭に設計されています。  この検証では1台を除いたそれぞれノード上に1台の仮想マシンを展開すると、クラスタ内のノードに応じて自動的にテストをスケールアップします。これはN+1で適切に実際の環境でのサイジングをシミュレーションするためで、それぞれのノード内のフラッシュドライブの数をベースとして適切に目標となるI/Oレベルに合わせるためでもあります。 I/Oレベルをフラッシュドライブ数をベースとして調整していくことは、検証において比較的小さなノードやクラスタに過負荷をかけるだけで、結果として現実的ではない、人為的に生み出される多くのエラーを避けることができます。 それでは検証の内容とそのオプションを見ていきましょう。  この検証の主な目標は検証自体を大変シンプルで使いやすくすることで、迅速/簡単に概念検証(PoC)、インストール後の運用の確認の一部、そして構成変更後の期間での検証の一部として利用できるようにすることです。 特に手を加える必要もなく、検証は自動的に利用可能なクラスタ/利

I/Oパスのしなやかさの比較 – Nutanix AOS & VMware vSAN/DellEMC VxRAIL

 本記事は2020年6月22日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 このシリーズの前半では、Nutanix AOSの読み取りパスおよび書き込みパスの利点と、Nutanix独自のデータローカリティの実装が、どのような恩恵をもたらすかについて説明しました。また、データローカリティに関する新たな比較シリーズを開始し、データローカリティが究極のストレージ性能だけではなく、基盤となるクラスタとすべての仮想マシンの性能と機能についてもハイライトしています。それでは、I/Oパスのしなやかさについて詳しく見ていきましょう。 先日、VMware社は「How to handle lost of stuck I/O on a host in vSAN Cluster(vSAN Clusterにおけるホスト上でのI/Oの喪失時の対応について)」というタイトルでKB71207を公開しました。この記事では、ストレージコントローラや物理ドライブなど、I/OパスのどこかでI/Oが「スタック」または「ロスト」した場合のvSANの対応について説明しています。この症状について、VMware社は次のように説明しています:ストレージコントローラやストレージディスクでI/Oがスタックしたり失われたりすると、ESXiストレージコンポーネントは、タスク管理要求を通じて、これらI/Oを中止しようとし、以下のコンソールメッセージを表示します。If I/O is stuck or lost on the storage controller or the storage disk, the ESXi storage stack will try to abort them using the task management request displaying these console messages:引用: HTTPS://KB.VMWARE.COM/S/ARTICLE/71207 記事はこう続けています:このようなロストI/Oがホスト上で見つかった場合、vSANはホストを強制的にPSODさせ、クラスタ上の他のホストに影響を与えないようにします。If such a lost I/O is found on a host, vSAN will force t