• 200 Topics
  • 211 Replies

200 Topics

Nutanix AES: 事例によるパフォーマンス

本記事は[url=https://www.n0derunner.com]n0derunner[/url]に2018年12月17日に掲載された記事の日本語ヴァージョンです。 原文を参照したい方は[url=https://www.n0derunner.com/2018/12/nutanix-aes-performance-by-example/]こちら[/url]。 [h2]データベースの復元にかかる時間を50%も削減する方法は?[/h2]ロンドンで行われた.Next 2018の最中にNutanixはコアデータパス内でのパフォーマンスの改善をアナウンスしました。これは最大で2倍のパフォーマンス改善をもたらすとのことです。以下では実際の現実世界での改善について例を上げたいと考えています。 [img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/8b3795d4-e025-47cf-9661-1817f537b096.png[/img] X-Rayを利用して1TBのデータを既存のデータベース内に復元する操作をシミュレーションしました。64K,128K,256K,1MBに分割されるとはいえ、IOのサイズは非常に大きなものとなり、1TBのデータセットに対するアクセスパターンは100%ランダムなものとなります。 [code]bssplit=64k/20:128k/20:256k/20:512k/20:1m/20 [/code] 通常、大きなIOサイズを用いたストレージのベンチマークはそれに応じた結果になります。これはストレージのバックエンドでの取扱が比較的簡単なものだからです。最初にかける負荷としては現実的なものとなりますが、今回は100%ランダムなパターンの場合での復元をシミュレーションしたいと考えました。 今回のケースでは1TBを取り込みきるまでの時間は[b]半分[/b]になりました。比較の対象となっているのは自律化エクステントストア(Autonomous Extent Store - AES)が有効になったNutanix AOS 5.10と以前の従来からのエクステントストアです。 この改善ははAESによって、エクステントストアへの挿入が直接、より高速に行えるように

3階層(もしくはそれ以上)のインフラストラクチャに迫る危機

本記事の原文は[url=https://www.nutanix.com/2018/03/19/perils-3-tier-infrastructure/]コチラ[/url]。 昔々のそのまた昔(1999年)、3階層のインフラストラクチャはアプリケーションのニーズのために生まれてきました。1999年からのことです。 上辺だけの話ではありません ー 3階層はウェブアプリケーションの爆発の際の変革であり、今回の話題はそのような話です:あらゆるテクノロジーは「その時代」ごとに置き換えられていくものであり、優れている、長期目線である、もしくは特に今日のクラウド対応の過ぎ去りし日のアプリケーションから進化を遂げた輝かしいアプリそして動的なワークロードを動作させたいと考えているような場合にそれが行われるのです。 ですが、どうして安住の地である3階層の世界にとどまっていてはならない理由は何でしょうか?何が危険なのでしょう? [h2]成長を妨げる可能性があります[/h2]バラバラのサーバベンダ、ストレージベンダ、ネットワークベンダ、仮想化ベンダーとこの3階層構成によって、会社組織はテクノロジーのベスト・オブ・ブリードを選択することができ、注意深く統合しながらデータセンタを作り上げてきました。しかし、このアプローチはITシステムにプレッシャーを掛けたり、新しいアプリケーションを利用したいというビジネスからのニーズと同じようにスケールアウトさせるには不向きです。単に3階層インフラストラクチャをベースとしたインフラストラクチャを拡張したいという試みですら複雑になり、より複雑性が増していきます。そして複雑性の話が続きます。。。 [h2]ルービックキューブよりも複雑、さらにただの時間の無駄[/h2]単に明かりを灯し続けるだけ。複数のベンダーを管理する。複数の管理インターフェイスを使う。専門家に頼り切り。週末、金曜日の夜、休日がない?もうこれぐらいにしましょう。3階層とともにもたらされる複雑さは管理のオーバーヘッドを伴うもので、IT部門は新しいより良い運用の方法を模索することになります。スムーズな運用を約束するシステムは単一のインターフェイスから全体の洞察そしてコントロールを保証します。([url=https://www.youtube.com/watch?v=JImLVKZu5cw]

Nutanix Mine: データ保護をHyperconverge

本記事は2019年5月8日に投稿されたMark Nijmeijerの記事の翻訳版です。 原文を参照したい場合には[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-mine-hyperconverge-your-data-protection.html]こちら[/url]。 2年前、私は[url=https://next.nutanix.com/blog-40/looking-back-to-go-forward-on-the-ahv-journey-22059]こちらの記事[/url]でNutanix AOSプラットフォームの周辺で形成されるデータ保護のエコシステムについての話題を共同執筆しました。Nutanixはその場にそのまま留まっていたわけではなく、それ以降、パートナーのリストを著しく拡充してきました。我々が検証を行ってきた完全なリストは[url=https://www.nutanix.com/partners/technology-alliances]Nutanix Ready Technology Alliance Partner Program page[/url]をご確認ください。 我々はここにとどまっているつもりはありません、これはまだNutanixのデータ保護に何が保存されるかの始まりにしか過ぎ無いのです!Nutanix Enterprise Cloud OSは急速に全てのアプリケーションワークロードのための業界最高のプラットフォームへとなりつつあります。 今日の[url=https://www.nutanix.com/press-releases/2019/nutanix-hyperconverges-secondary-storage-with-nutanix-mine]Nutanix Mineソリューションのアナウンス[/url]で我々は我々のプラットフォームをセカンダリーストレージへと拡張します。[url=https://www.nutanix.com/products/mine]Nutanix Mine[/url]プラットフォームはNutanix AOSの素晴らしさを活用し、現在アプリケーションにもたらしているのと同様の効果 ー シンプルさ、パフォーマンス、弾力性をセカンダリーストレージへとも

ServiceNowとNutanixの連携 その1

本記事は2019年12月11日にNutanix Solutions Architect - AutomationのSho Uchidaが統合した記事を一部転記したものです。 全文を参照したい場合はこちら。 ServiceNowとNutanixの連携について 概要 2019年10月のデンマーク、コペンハーゲンにおける.NEXT ConferenceにおいてServiceNow社とNutanixは両社ソリューションの連携を発表しました。詳しくは以下のURLをご覧下さい。 Nutanix、プライベートクラウド向け自動化機能を発表ServiceNowとNutanixの統合 ユースケース 執筆時点(2019/12)時点でのユースケースは以下3点です。 1. ServiceNowのイベント、インシデントとNutanixのアラートの統合(その2で紹介) 2. ServiceNowのリクエスト管理とCalmプラグインによるNutanixへのアプリケーションデプロイ(その3、その4で紹介) 3. ServiceNOW CMDBにおけるNutanixインフラの検知とモデリング(その5で紹介) アーキテクチャ アーキテクチャはこちら。上記ユースケース2,3はNutanix側にMIDサーバと呼ばれる、ServiceNowとNutanix間のデータ通信を担う中間サーバが必要となります。 本シリーズ(全5回)では ServiceNow社の提供する開発者インスタンスを用いてシンプルなServiceNow-Nutanixの統合環境を作ることを目指します。 本記事(その1)では 準備作業として開発者インスタンスの立ち上げとMIDサーバの立ち上げを行います。 続きを原文で読む。

Nutanix Insightsの発表 - 健全性の予兆検知 & サポート自動化サービス

本記事はPrashant Batraが2019年10月9日に投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。 2018年の10月に私はNutanix Pulseについての記事を投稿しています。これは全てのNutanixのクラスタにビルトインされたオプションのテレメトリサービスで、皆様のNutanix Enterprise Cloudのための予兆分析を実現するためのものです。PlusテレメトリはNutanixのサポートがお客様により良いサービスを提供するため、お客様の特別な構成や利用状況を理解した上でのよりダイナミックで文脈を理解したサポートエクスペリエンスを提供しています。同様に、Nutanixの製品とエンジニアリングチームはこのテレメトリを活用し、お客様の利用や設定を理解し、お客さまのニーズにより合う既存のプロダクトの改善を行ったり、新たな製品を生み出しています。本日、我々はNutanix Insightsをアナウンスいたします - 皆様のNutanix Enterprise Cloudのための健全性の予兆検知とサポートの自動化サービスです。Nutanix Insights は新たなソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)サービスで、お客様がPulseを有効にしている場合、その受け取ったテレメトリを活用して、我々のお客様のサポートのエクスペリエンスを再定義し、クラスタの健全性を劇的に改善します。マニュアルのサポートプロセスを削減し、日々のメンテナンス作業に使う時間を短くすることで、ITチームはビジネスユニットに対する価値を高める活動にフォーカスすることができます。 我々はよくお客様からもっと深く自身のプライベートクラウドとハイブリッドクラウドインフラストラクチャを理解し、地域やサイトをまたがったインフラの管理をシンプルにしたいというリクエストをいただきます。典型的な質問は以下のとおりです:もうサポートされない(End-of-LifeもしくはEnd-of-Support)のソフトウェアを動作させていたりはしませんか? 我々のソフトウェアスタックは最新に維持されており、セキュアで全てのコンポーネントはそれぞれでハードウェアとソフトウェアのレイヤーで互換性が取れていますか? クラスタ内のノード、ライセンス、サポートサブスクリプションは最新でしょうか?もし次のために何かを今用

EraによるDBaaS(データベース・アズ・ア・サービス)

本記事はGlobal Solutions ArchitectのMaksim Malyginが2019年11月11日に投稿した記事の翻訳版です。 原文はこちら。   皆様が日々利用されている会社のCRMから電話で遊んでいるゲーム、そして雑貨店のセルフサービスのPOSに至るまでの殆どのアプリケーションは、それがクラウドベースであれ、オンプレミスであれ、もしくはサービスとして提供されているにしても、データベースによって支えられています。こうしたアプリケーションによって利用されるデータベースはデータを操作、処理し、直接的にアプリケーションの拡張性やパフォーマンスに影響を及ぼしており、データベースのプラットフォームはビジネスの成功にとって重要な要となります。アプリケーションの数の急速な増加とともに、データベースの市場も同様に成長し、2026年までには$155.50Bに達すると予測されています(リンク)。 それと同時に、DBaaS(データベース・アズ・ア・サービス)が複雑なデータベースの管理の必要性とデータベース管理者やインフラストラクチャチームとのやり取りをせずに済むようにして、その代わりにアプリケーションの開発にフォーカスできるようにすることで開発者がどのようにデータベースを利用するのかを変革しつつあります。さぁ、どうやってそれが可能になるのか、そのやり方を詳しくみていきましょう。 もしもエンタープライズITの世界に少しでも身をおいたことがあるのであれば、「Everything-as-a-service(あらゆるものをサービス化)」(XaaS)するというアプローチについて聞いたことがあるかもしれません。そして、殆どの場合、従来からのアプローチでもうまく行っているのに、どうしてIT組織は何かをエンタープライズに向けてアズ・ア・サービスとして提供するべきなのかということを自問自答したのではないでしょうか?結論から言うと、ITをどのように利用・アクセスするのかということがお客様の目線から見るとこの10年で変化してしまっているということです。すでに世の中にはUber、Airbnb、そしてパブリッククラウドがあり、すぐに利用できて、利用しただけ支払うという利用モデルが新しいスタンダードになってしまっているのです。これがエンタープライズのITにも当てはまります ー 社内の顧客は迅速で簡

高耐久フラッシュデバイス要件の比較 - NutanixとVMware vSAN / Dell EMC VxRAILの比較

本記事は2020年5月15日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 これまで、Nutanix AOSとvSAN/VxRAILを比較して、書き込みI/Oの受け入れに関する基本的なアーキテクチャと、書き込みI/Oパスの数々の制限事項について解説してきました。以下はそれらに関するまとめです。vSANの書き込みパスは、VMがクラスタ内のどこにあるかに大きく依存します。 vSAN の静的なオブジェクトベースの書き込みパスでは、メンテンナンスの際には予めデータのバルク移動(別のホストへの退避)を行わなければ書き込みI/Oの冗長性を確保することができません。 Nutanix ADSFは、構成されたストレージポリシー(レジリエンシー ファクター)に基づいて、常に書き込みI/Oの完全性(冗長性)を維持します。 Nutanix ADSFは、VMがどこにあろうとも、あるいはクラスタ内で移動されようとも、一貫性のあるやりかたで書き込みパスを提供します。 多重化された書き込みデータがいずれも他のノードに(ネットワークを跨いで)送られるという状況は、Nutanixではメンテナンス時やCVMの障害時などのワーストシナリオで発生する動作ですが、vSANにおいてはこれは通常の動作です。 Nutanix ADSFは、偶然に頼らず、常にデータローカリティのメリットを享受できるように設計されています。 これらに加えて、「高コスト・高耐久なフラッシュデバイスに関するハードウェア要件」について比較してみると、どうなるでしょうか。耐久性は、1日あたりのドライブへの書き込み回数(DWPD)で評価できます。 Dell EMCやVMwareは「Nutanixは高耐久フラッシュデバイスへの依存度が高く、これはNutanix AOSの大きなデメリットである」と主張することがあるようです。 今日、私が見たそのような主張の例を1つ紹介します(この投稿に触発されたので、Dell EMCのNathan Bulmon氏に感謝します)。「Nutanixは、より多くの書き込み命令を行うため、高価なフラッシュドライブをより多く必要とします」とのことです。 参考訳 : Josh Odgersさん、記事を読ませていただきました。HWとSWの統合されたアップデートについて、つまりインカー

デジタルトランスフォーメーションとDevOpsの役割

本記事の原文は[url=https://www.nutanix.com/2018/01/26/digital-transformation-role-devops/]コチラ[/url]。 [b]Julie O’Brien[/b], [i]SVP of Corporate Marketing[/i] [b]Sachin Chheda[/b], [i]Senior Director of Global Accounts and Industry Marketing[/i] デジタルトランスフォーメーション(DX)は組織が大規模なオーバーホールとして試験的ーかつー本当のビジネスモデルと日々のプロセスの運用を考え直すきっかけとなりました。これまでの製品は新たな情報とサービス駆動の提供物で置き換えられていきます。特にコモディティ化が大規模に進む市場において顕著です。例えば流通産業においては様々な企業が製品の再パッケージ化、革新的な購入方法を模索しており、買い手のためのインテリジェントな推薦機能を追加しています。先進的な分析機能や機械学習、IoT/先進的センサー、普遍的な接続性などのテクノロジーのおかげで流通企業は店頭以外でも顧客にターゲットを定めることができ、在庫状況と顧客の振る舞いをベースに自動的なオーダーを行えるようにまでなっています。 DXの新興とIoTやデータ処理、可視化などのそれを支えるテクノロジーによって、ソフトウェアの開発はどんどん重要になってきています。新しいアプリケションとサービスを迅速に提供するために、ITチームはDevOpsモデルへと移行し開発と運用の間のギャップを埋めようとしています。 一体DevOpsとは何なのでしょうか?WikipediaによるとDevOpsは「ソフトウェアの開発」と「ITの運用」を融合させるもので、この組み合わせによってITのカルチャーとテクノロジーを開発チームと運用チーム間の摩擦のない、新しい機能やサービスの提供を加速するためのものへと変化させることだとしています。正しく実行されれば特定の組織が責任を追うような状態ではなく、コラボレーションや自動化が実現されるとしています。 潜在的な効果は膨大です: [list] [*][b]アクセスの自由化とセルフサービス。[/b]開発と検証の環境が開発者、検証チーム、運用チー

Nutanix AOS 6のご紹介

本記事は2021年9月21日にNutanix HCI Teamが投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。.NEXT 2021に関する記事の索引はこちら。 HCIソフトウェアのパイオニアであるNutanix® AOSの大規模なマイルストーンと、Nutanix AOS 6ソフトウェアのリリースをアナウンスできることを大変喜ばしく思います。 VMworld 2011で市場を創生するHCIソリューションを立ち上げて(Best of VMworldアワードも受賞しています)から10年、Nutanix AOS™ インフラストラクチャソフトウェアは仮想化データセンターの業界標準のプラットフォームへと成熟し、今ではお客様をハイブリッドクラウドへとつながる橋渡しに貢献しています。 本日AOS 6は我々の差別化されたアーキテクチャのコア機能上に構成しながら、一方で破壊的な新機能群を追加しています。このリリースではパフォーマンスの最大化をより簡単に成し遂げられるようにするのみならず、クラスタの回復力についての可視化と統制を向上させて、ミッションクリティカルなワークロードに対するサポートを改善しています。それに加えて、AOS 6では大規模環境におけるセキュリティと保護を長く待ち望まれていたflow networkingと新しいDRダッシュボードも加え、改善しています。 パフォーマンスと拡張性Replication Factor 1 (RF1)Nutanix AOSはHCIクラスタ上で動作するアプリケーションのデータを複数のコピーを保持することで保護しています。AOSはクラスタ内の異なるノードに複数のコピーを保存しており、これによってハードウェア障害発生時に自動的にデータを復元することができます。これはレプリケーションファクタ(Replication Factor)として知られており、2 または 3のコピー(それぞれ RF2、RF3)を作成するように構成することが可能です。Hadoop®、SAS Analytics®、Splunk® そして NoSQL®データベースのような多くのモダンなビッグデータアプリケーションは、それを下支えするインフラストラクチャの力を借りることなく、自身のデータをアプリケーションレベルで保護しています。従来型のSQLデータベースもいくらかの非永続的な一次で、保護の必