• 199 Topics
  • 192 Replies

199 Topics

Nutanix と HPE が統合されたハイパーコンバージドインフラストラクチャアプライアンスを提供

本記事はMarc Trouard-Riolleが2019年8月1日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-and-hpe-deliver-integrated-hyperconverged-infrastructure-appliance]こちら[/url]。 [code].NEXT JapanでもHPE ProLiand DXのセッションが予定されています。 NTX-29 14:55-15:35 パートナー 同時通訳同時通訳 ついに出た!Nutanix on HPE DX:技術詳細から見積もりのコツ、おススメの売り方まで徹底解説 ※販売パートナー様限定(本セッションの受講にはNDAを含む有効なパートナー契約が必要となります。) Nutanix, Inc. ベン・ウィー・ゴー ニュータニックス・ジャパン合同会社 小林 正和 HPE + Nutanixソリューションがいよいよ始まります! HPE ProLiant DX アプライアンス ファミリーの詳細をご紹介。 クオリティの高いHPE ProLiantをベースにNutanixを組み合わせ、HPEを好まれるお客様にもお勧めしやすいソリューションが提示可能となります。技術的な詳細から、価値提案、見積もり方法まで、詳しく解説いたします。 [/code] 2019年の4月、NutanixとHPEは統合されたハイブリッドクラウド・アズ・ア・サービス(aaS)ソリューションを市場へ投入するこという[url=https://www.nutanix.com/press-releases/2019/hpe-nutanix-sign-global-agreement-deliver-hybrid-cloud-service]あらたなグローバル・パートナーシップをアナウンス[/url]しました。この合意によってNutanixのチャネルパートナーは直接HPEベースのアプライアンスとNutanix Enterprise Cloudソフトウェアと共に販売することができるようになります。 Nutanixはこの先のさらに次なるステップとして[url=https://www.nutanix.com/viewer?type=pdf&path=/cont

Nutanix と HPE が統合されたハイパーコンバージドインフラストラクチャアプライアンスを提供

本記事はMarc Trouard-Riolleが2019年8月1日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-and-hpe-deliver-integrated-hyperconverged-infrastructure-appliance]こちら[/url]。 2019年の4月、NutanixとHPEは統合されたハイブリッドクラウド・アズ・ア・サービス(aaS)ソリューションを市場へ投入するこという[url=https://www.nutanix.com/press-releases/2019/hpe-nutanix-sign-global-agreement-deliver-hybrid-cloud-service]あらたなグローバル・パートナーシップをアナウンス[/url]しました。この合意によってNutanixのチャネルパートナーは直接HPEベースのアプライアンスとNutanix Enterprise Cloudソフトウェアと共に販売することができるようになります。 Nutanixはこの先のさらに次なるステップとして[url=https://www.nutanix.com/viewer?type=pdf&path=/content/dam/nutanix/resources/datasheets/ds-nutanix-hpe-dx.pdf]HPE ProLiant DX[/url]を発表できることを大変喜ばしく思います。これは業界標準の最もセキュアなサーバーとしてすでにProLiantとAppolloプラットフォームで培ってきた基盤となるHPEサーバテクノロジーをベースとした幅の広いNutanixの統合されたアプライアンスです。 [quote]「HPEはHPEとNutanixのパートナーシップによってお客様により幅の広い選択肢を提供できるようになったことについて大変喜ばしく思います。」とSenior Vice President & General Manager, Volume Global Business Unit, Hewlett-Packard EnterpriseのJustin Hotard氏は述べています。「新たなHPE ProLiant DXア

Nutanix Prism Pro と 新機能 X-Play

[code]今回の記事はシニアシステムズエンジニアの山下 富雄の記事です。 山下は.NEXT JapanでPrism Proのセッションを担当します。 新機能X-Playが加わったこれまでにはない自動化された運用を知りたい方、必見のセッションです。お申込みはこちらから。 https://www.nutanix.jp/invisible/ 招待コードは「NTX049」にてお申し込みください。 NTX-05 12:55-13:35 システム運用をもっと楽に!Prism Proを使った高度なCluster管理 [/code] Nutanixが誕生して10年が経過しました。Nutanixが提唱した、インフラを簡単にする「Hyper Converged Infrastructure(HCI)」というアーキテクチャも、IT業界に広く浸透してきました。 またこの新しいインフラストラクチャを簡単に操作するための「Prism」も、ご利用いただいている多くの方々から高い評価をいただいています。 事前に特別なプログラムのインストールは不要で、WebブラウザでCluster IPへアクセスするだけでPrismへログインができ、様々なHCIの情報が確認できること、洗練されたインタフェース上で様々な操作が1-クリックで簡単に行えることなど、Prismが従来のインフラストラクチャの管理とは一線を画す理由は多く挙げられます。 [h2]Prism ElementとPrism Central[/h2] さて、そんなPrismですが、みなさん存分に使い倒していますか? Prismには、Nutanixを導入すると標準で実装される「Prism Element(PE)」と、仮想アプライアンスで提供される「Prism Central(PC)」の2種類ががあります。 特にPrism Centralについては仮想アプライアンスを別途インストールする必要があることから、まだ利用いただいていない方も多いのではと思いますが、 Nutanixのソフトウェアやサービスにご興味を持っていただいた方にこそ、このPrism Centralはご利用いただきたいNutanix製品です。 [h2]Prism CentralとPrism Proライセンス[/h2] Prism Centralは、大きく2つの特徴を備えています。

Nutanix AOS 5.11登場!

本記事は2019年8月5日にProduct Marketing Lead HCI CoreのMayank Guptaが投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/aos-5-11-is-here]こちら[/url]。 Nutanix [url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-aos-5-9-is-here]AOS 5.9[/url]は遡ること2018年10月にリリースされ、そのフォーカスは、より機能を増したソフトウェアベースの暗号化で既存のクラスタ内のデータをセキュアにすることや、ラックの障害に対応するためのアベイラビリティゾーンの機能向上、更にはDRのためのニアシンクへの機能向上でデータの保護や弾力性についてのものでした。 それ以降、我々Nutanixは絶え間なくNutanix HCIプラットフォームのコアを強化すべく活動を続け、AOSの5.10と5.11をリリースしました。AOS 5.10は2018年の12月にリリースされたもので、今回はAOS 5.11のリリースとそれが[url=http://portal.nutanix.com/]ポータル[/url]からダウンロードできるようになったことをお知らせできることを大変喜ばしく思います。 この2つのリリースは共にコアであるAOSのストレージパフォーマンス、ストレージキャパシティ、データ保護、セキュリティ、そしてクラスタのライフサイクル管理機能を向上させるものです。今回の記事では主な機能のうちのいくつかを取り上げたいと思います。機能向上についての完全なリストについては[url=https://portal.nutanix.com/#/page/docs/details?targetId=Release-Notes-Acr-v510:Release-Notes-Acr-v510][u]リリースノート[/u][/url]をご参照ください。 [h2][b]パフォーマンスと拡張性[/b][/h2][h3]ストレージQoS[/h3]Nutanix AOSのアーキテクチャにはすでにノイジーネイバー(やかましいお隣さん)から保護のためのQoSの機能が組み込まれています。AOS 5.11では、エンドユーザーによるストレージのサ

非構造化ストレージを再アーキテクト

本記事は2019年7月17日にDevon Helms氏が投稿した記事の翻訳版です。 原文を参照したい場合は[url=https://www.nutanix.com/blog/rearchitecting-unstructured-storage]こちら[/url]。 もしも数テラバイトクラスのデータを保存せねばならず、その要件が3桁から4桁も大きくなっていくようなアーキテクチャを利用する際に、どんなことがおこるか考えてみたことはありますか?データサイエンティストの力を借りなくても、こんな状況において、どこがかおかしくなってしまうということは明らかです。レガシーなインフラストラクチャ上で急速に膨れ上がる非構造化データは、まさにこうした問題を引き起こしています。非構造化ストレージを見直すべきタイミングが来ており、大規模と自動化された運用を備えた新たな現実的なアーキテクチャを考えなければなりません。 アナリストファームのESGが発行した非構造化データの夜明けという最近のレポートでは、如何にレガシーアーキテクチャがレガシーなファイルもしくはオブジェクトシステム上に保存された重要なデータの効果的な管理、保存、アクセスの提供をうまくできていないかということを述べています。彼らはモダンな非構造化ストレージソリューションは管理者がこのデータの大洪水を管理するのを手助けするだけでなく、ビジネスを成功へ導くためにユーザーが必要なデータにアクセスする優れた方法も提供できなければならないとしています。 主な問題はレガシーアキテクチャ上の非構造化データのサイロが急速に大きくなっていることです。ファイルもしくはオブジェクトシステム上に保存されている非構造化データはより多くのユーザー、エンドポイントとなるマシンが増え続け、より多くのプライマリ、そしてコピーデータを生成することで、2年ごとに倍増しています。これはゴミデータではありません。ときにはビジネスの成功に重要なものなのです。 非構造化データはオーディオやビデオそしてソーシャルメディアへの投稿などを含み、大抵の場合、簡単に検索ができるようなものではありません。それぞれ内部構造自体は持っていますが、事前に定義されたデータモデルで構造化されているものではなく、おそらくはテキストもしくは非テキスト、更には人が作成したか、機械が生成したという

ITインフラストラクチャを刷新すべきだという10のサイン

本記事は2019年7月15日にInes Marjanovicが投稿した記事の翻訳版です。 原文を参照したい場合は[url=https://www.nutanix.com/blog/10-signs-its-time-to-upgrade-your-it-infrastructure]こちら[/url]。 90年代 ーITの「映画:ワイルド・ワイルド・ウェスト」の時代ーにそれが始まってから、3階層アーキテクチャはビジネスに必要不可欠なものとして存在し続けてきました。当時としては革命的なものでしたが、近代的な組織が市場における競争力を維持するために必要とする拡張性、柔軟性、そして俊敏性を備えたものではありません。ITチームをデータセンターの外で、イノベーションの最前線に投入するためにはビジネス部門は「充分に良い」だけのインフラストラクチャに頼っていてはいけません。 強力で、将来を見据えたインフラストラクチャへ備えができているか、その必要があるか、もしくは皆さんのチームとの議論が必要ということもあるでしょう、以下を読み、インフラストラクチャの刷新の期限が切れていないかどうかご確認ください。 [h2]1. (未だに!) 仮想化のためにコストを掛けている[/h2]仮想化はITリーダーたちにとって基盤となるテクノロジーで、ビジネスにとっては疑う余地もなく必要なものです。ITインフラストラクチャは仮想化の機能をアドオンとして提供することもありますが、議論の必要もないほどの仮想化の重要性を考えると、なぜそれがプレミアムとして課金の対象となるのでしょうか? それは彼らにそれが可能だからです。ですが、それに流される必要はありません。仮想化はインフラストラクチャに組み込まれているべき ー 最初から ー なのです。なぜ、そしてどのようにという詳細については[url=https://www.nutanix.com/go/are-you-still-paying-for-virtualization]このホワイトペーパー[/url]を参照していただきたいのですが、結論としては以下のとおりです:ITが必要とするものは高価なアドオンであってはならない。 [h2]2. 自宅よりもデータセンタで過ごす週末が多い[/h2]今週末は湖畔で過ごそうとお考えですか? 申し訳ない、アップグレード作業がある

Nutanix Flowでセキュリティは摩擦のないものへ

本記事はNutanixのMike Wronski氏、Jason Burns氏、Abhishek Tiwari氏によって2019年6月5日に投稿された記事の翻訳版です。 原文を確認されたい場合は[url=https://next.nutanix.com/blog-40/security-is-frictionless-with-nutanix-flow-32910]こちら[/url]。 [img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/846f46cd-6eea-4720-9e0b-53290a879c93.png[/img] ニューオリンズでの.NEXT 2018で我々が[url=https://ir.nutanix.com/company/press-releases/press-release-details/2018/Nutanix-Flow-Delivers-Software-Defined-Networking-to-Secure-Applications-with-a-Single-Click/default.aspx]Nutanix Flow[/url]を正式発表してから1年が経ちました。この一年間は我々にとっていろいろな意味で素晴らしいものでした ー お客様はFlowの利用を開始し、我々は彼らそれぞれの課題、マイクロセグメンテーション、そしてソフトウェア・ディファインド・ネットワーク(SDN)の状況から多くのことを学びました。Flowについてお話を伺った全てのお客様は我々のマイクロセグメンテーション製品 ー 数クリックで有効にして構成ができ、インストールが不要で、APIに裏付けられ、自動化が組み込まれている ー のシンプルさを気に入っておられました。こうした対話の中で、我々は新しいもしくは現在のテクノロジーが創り出した様々な課題についても発見することになりました。以下では我々が見つけた教訓やFlowの今後について共有させていただきます。まずは、我々のお客様がどのようにFlowを利用しているかを見ていきましょう: [b]ネットワークセグメンテーション:[/b] 物理デバイスやVLANではなくFlowを利用してソフトウェアで仮想化ネットワークのセグメント化を行い、ネットワー

クラウドファーストはしばしば間違い、その理由は?

本記事はJohn Williamson氏が2019年6月14日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/cloud-first-is-often-a-mistake.html]こちら[/url]。 いくつかの企業にとって「クラウドファースト」ポリシーは疑いようのないものとして捉えられており、特に従来型のデータセンタインフラストラクチャのぬかるみと比較した場合にそれは顕著です。しかし、今日ではハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)のような新たなソフトウェア・ディファインド・データセンタソリューションがITの俊敏性を提供しながら、一方でパブリッククラウドで利用可能なものよりもより優れたセキュリティと統制を提供しています。驚くかもしれませんが、多くの人々がパブリッククラウドを利用する主な動機はそのコストであるということを述べますが、そうした事実を他所に、殆どの場合では、[url=https://www.nutanix.com/products]Nutanix Enterprise Cloud[/url]のようなオンプレミスのHCIソリューションのコストよりも劇的に高いのです。 [url=https://www.nutanix.com/go/multicloud-architectures-empower-agile-business-strategies]IDCが公開した調査によると[/url]、エンタープライズのワークロードの殆どを占めている負荷の予測が可能なワークロードにおいては、パブリッククラウド上でこれを動作させるコストはオンプレミスのNutanixで動作させる場合と比較して平均して2倍ほどになるということです。そして、2018年のIDCの[url=https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=US44185818]Cloud Repatriation Accelerates in a Multicloud World[/url]と銘打たれた調査によると、80%もの組織がパブリッククラウドからオンプレミスへとアプリケーションを回帰させており、今日インストールされている50%のパブリッククラウドアプリケーションは今後2年間のうちにオンプレミスへ回帰す

ハイパーコンバージドインフラストラクチャが解決した5つの問題

本記事はInes Marjanovic氏が2019年5月28日に投稿した記事の翻訳版です。 原文を参照したい方は[url=https://www.nutanix.com/blog/5-problems-hyperconverged-infrastructure-solves.html]こちら[/url]。 これまでに、皆さんは「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」について耳にしたことがあるはずです。そして皆さんと皆さんのチームはそれを利用するかどうかを考えてみたこともあるかもしれません。その決定を行うまでの間、ハイパーコンバージェンスがあなたにとって何を解決してくれるものなのかということについて考えをめぐらしていた事でしょう。 もしくは、古くからの3階層アーキテクチャを利用する人々とあまりに長くいすぎて、それがDNAかのようになっている場合もあるかもしれません ー 何年もの間、"特に問題ない"からということでそれを排除することに躍起になったりもしないと思います。 いずれの場合でも、当てずっぽうをしなくて済むように、HCIを利用し始めることで、さよならをしなければならない5つの主な課題についてまとめておきます。 [h2] [/h2][h2]コストのかかる複雑なVDI環境[/h2]すべてのITチームが望んでいるものとは?これまで以上に対応を行い、より弾力性を持ち、「24時間体制で」、そしてそれらを適正な予算の中でやってのけるということです。 多くの人々はこれをどうやって実現しているのでしょうか?より多くの事業が仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)へと移行しつつあります。デスクトップとアプリケーションへのリモートアクセスによって、従業員たちはあらゆる場所で、そしてあらゆるデバイスで業務を行うことができ、これまで以上の継続性と生産性を実現することができるのです。 問題は?VDIを裏で支えるインフラストラクチャが貧弱であった場合には、VDIワークロードのパフォーマンスと可用性を妥協しなければなりません。 さほど驚くことはない驚きの時:HCIはこれまでにないほどに一元化され、コスト効率の良いVDIの展開方法として急成長しつつあります。ソフトウェア・ディファインド・ストレージ(SDS)を利用することで、適切な仮想デスクトップに適切なリソースが自動的に割り当てられ

1-クリックの進化...

本記事はPrincipal Product ManagerのCameron Stockwellが2019年6月7日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/evolution-of-1-click.html]こちら[/url]。 数週間前のアナハイムでの.NEXTカンファレンスのキーの戸で、Dheerajは大きくなった我々のポートフォリオとともに、アップグレード管理についての課題についてハイライトし、それでも我々は運用をシンプルに維持し続ける苦労について述べました。 「我々は5,6年前は2つのものをアップグレードしていればよかったのです - AOSとPrism - これは成長におけるパラドックスです -- 成長は複雑さを生み出します。そして複雑さは成長を殺していまいます。」[img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/6b3b6440-decf-47e7-940b-103d9e0030be.png[/img] 「アップグレードについて一般的には、30分程度しかかかっていなかったアップグレードが大規模なクラスタを持つお客様にとっては4〜5時間もの時間を要するようになってきている。 しかし、これは非常に大きな責任が伴う。すべてのサーバ、ファームウェア、ハイパーバイザー、全てについて考慮しながら、なおもダウンタイムを伴わずに実行しなくてはならない。」 [img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/43f43467-09d9-4ebb-b25f-c614c6acde25.png[/img] 「このカンファレンスは皆様が言う「最も複雑なことを素晴らしくやってのけるとはどういうことか?」ということに対するものになっています。もはや我々のキャンバスは5年前にそうであったようにシンプルなものでは、もはやなくなっているからです。 我々のキャンバスはより複雑なものになっており、そして、Nutanixに課せられたバーはこれまでと同じような素晴らしさを既存のお客様、そしてこうした複雑さを実際には見ることのない新しい我々のお客様に対してご提供するというものに

Nutanix Enterprise CloudとXi Frameの冒険 : それぞれのユーザーにとっての最高へ

本記事は2019年5月8日にKong Yangが投稿した記事の翻訳版です。 原文を参照したい場合は[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-enterprise-cloud-and-xi-frames-adventure-be-excellent-to-each-user.html]こちら[/url]。 [h2]こんにちは、素晴らしき同士たち。 [/h2]デジタルトランスフォーメーションはその成功がビジネスのプラスの成果と等しいということからCIO達のトッププライオリティで有り続けています。理想的には、デジタルトランスフォーメーションの旅路は高いレベルの顧客満足はもちろん、効率的な運用、俊敏性、可用性、そして拡張性をもたらすスムーズな消費に裏付けられているべきで、その結果としてそのサービスには多くのお客様と利用が伴います。デジタルの旅路において、組織は慣性を必要とします ー つまり開始時に一定数以上の多数の顧客と速いスピードが必要なのです。そしてその基盤となる開始点はユーザーとアプリケーションそしてデータの交差点であり、デジタルワークスペースとも呼ばれています。 [h2]アイアンメイデンに入れてしまえ(これまでのこだわりを捨て去りましょう)[/h2]そのコアとして、デジタルワークスペースはソフトウェア定義の仮想化アプリもしくはデスクトップ・アズ・ソフトウェアのようなデスクトップ、もしくはデスクトップ・アズ・ア・サービスのようなサービスとして提供されます。しかしながら、デジタルワークスペースへの旅路は、複雑さ、コスト、膨大なまでの選択肢という決断を伴う旅路です。何度も道を見失うこともありますし、新しいデジタルの世界の経済性への崖を渡るという苦労も伴います。ビジネス部門はより多くを要求してきます。エンドユーザーも同様です。技術の実装はさらに多くを要求します。 明かりを灯し続けながら、同時に新しいアプローチ、運用プロトコルを採用し、最新のテクノロジーやサービスプロバイダの津波に飲まれないようにするのに良い方法は?良い方法を見つけるためには、テクノロジーに対する惰性や疑念を最小限にしながら、崖を渡り、その反対側にあるデジタルの世界での基盤を確かなものにしなくてはなりません。 [h2]勝利を収めよう[/h2]ミニマリスト

NutanixはHCIについてのイノベーションを加速

本記事は2019年5月8日にVP, Product & Technical MarketingのGreg Smith氏が投稿した記事の翻訳版です。 原文を参照したい方は[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-accelerates-hci-innovation.html]こちら[/url]。 10年近くに渡る旅路の末にNutanixはハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)マーケットを切り開きました ー ITのリーダーたちがクラウド時代のためにデータセンタを再構成し、近代化することを実現させたのです。HCIはエンタープライズのITにとって急速に標準のプラットフォームとなりつつあり、その中で、自己満足であったことに気が付きつつあるITベンダーは進化しつつあるお客様からの要求に対応すべく可及的速やかに対応を始めつつあります。 しばしば、マーケティング主導の製品のバンドル化やマーケットシェアのリーダーシップに関する根拠のない話にかき消されてしまいますが、実際のところNutanixは他のHCIベンダーに投資の面でも、イノベーションという面でも継続して圧倒しています。我々はより多くのエンジニア、より多くの開発者とより賢いデータサイエンティストを抱え、彼らが他より優れた最高傑作とも呼べるようなHCIをより先へ進めるために取り組んでいると信じています。 近年のNutanixのイノベーションと新製品の能力をリストにすると非常に長くなり、完全に理解するのが難しくなりますので、以下は特に重要な3つのハイライトです: [h2]AESでNutanixのHCIアーキテクチャを更に良いものへ[/h2]Nutanixのウェブスケールアーキテクチャの基盤はデータローカリティです:これはアプリケーションにとってローカル(同じ物理ノード上)にデータが維持されているということを保証するというもので、これはワークロードが他のノードへ移行したとしても同様です。これは優れたパフォーマンスを提供するだけではなく、ノード間のトラフィックを減らすことができ、HCIクラスタはこれによって拡張とより効率的な運用を実現することができます。Nutanixだけ固有のものです! 我々は新たなアーキテクチャのイノベーションとともにローカリティをメタデータ(注: