• 199 Topics
  • 197 Replies

199 Topics

Nutanix と HPE が統合されたハイパーコンバージドインフラストラクチャアプライアンスを提供

本記事はMarc Trouard-Riolleが2019年8月1日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-and-hpe-deliver-integrated-hyperconverged-infrastructure-appliance]こちら[/url]。 [code].NEXT JapanでもHPE ProLiand DXのセッションが予定されています。 NTX-29 14:55-15:35 パートナー 同時通訳同時通訳 ついに出た!Nutanix on HPE DX:技術詳細から見積もりのコツ、おススメの売り方まで徹底解説 ※販売パートナー様限定(本セッションの受講にはNDAを含む有効なパートナー契約が必要となります。) Nutanix, Inc. ベン・ウィー・ゴー ニュータニックス・ジャパン合同会社 小林 正和 HPE + Nutanixソリューションがいよいよ始まります! HPE ProLiant DX アプライアンス ファミリーの詳細をご紹介。 クオリティの高いHPE ProLiantをベースにNutanixを組み合わせ、HPEを好まれるお客様にもお勧めしやすいソリューションが提示可能となります。技術的な詳細から、価値提案、見積もり方法まで、詳しく解説いたします。 [/code] 2019年の4月、NutanixとHPEは統合されたハイブリッドクラウド・アズ・ア・サービス(aaS)ソリューションを市場へ投入するこという[url=https://www.nutanix.com/press-releases/2019/hpe-nutanix-sign-global-agreement-deliver-hybrid-cloud-service]あらたなグローバル・パートナーシップをアナウンス[/url]しました。この合意によってNutanixのチャネルパートナーは直接HPEベースのアプライアンスとNutanix Enterprise Cloudソフトウェアと共に販売することができるようになります。 Nutanixはこの先のさらに次なるステップとして[url=https://www.nutanix.com/viewer?type=pdf&path=/cont

読み取りI/Oパスの比較 - Nutanix vs VMware vSAN

本記事は2020年3月2日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 本シリーズではこれまでにNutanixでは重複排除や圧縮はもちろんのこと、イレイジャーコーディングを利用した場合であったとしても、より高い容量効率、柔軟性、回復力、そして性能をより多くの利用可能な容量とともに、ご提供できることを学んできました。 更に、Nutanixは遥かに簡単に優れたストレージの拡張性を提供でき、ドライブ障害の影響を劇的に低減できることも学んできました。 そこから我々はギアを変え、混在クラスタのサポートについて取り上げ、これがなぜHCIプラットフォームの拡張能力、そして完全な置き換えや新たなサイロを作ることなくより強力なROIを実現に重要であるかを学びました。 前回は、書き込みI/Oパスの比較について学習し、クラスタ内のVMの現在の場所とパフォーマンス/容量の使用率に基づいた、データをインテリジェントに配置するNutanix独自のデータローカリティの多くの長所を取り上げました。 今回は、vSANとNutanix ADSFの読み込みI/Oパスの比較について詳しく説明します。 vSAN読み取りI/O パス:書き込みI/Oパスの比較で学んだように、vSAN I/O パスの最良のシナリオは、VMが作成されたホストから移動していないか、偶然にもオブジェクトが存在するホストにVMが存在する場合です。その場合、ローカルのデータオブジェクトと、回復力のために別のホストにリモートなデータオブジェクトを持つことになり、IOパスは最適になります。 シナリオ1: vSANvSANの最適な読み取りI/Oパス ローカルにホストされたオブジェクトを利用ここでは、すべてのデータがローカルでホストされているため、100%の読み取りをローカルで提供できるように見えます。 しかし、vSANはこのような動作はしません。vSANの読み取りは、すべてのオブジェクトに対する「ラウンドロビン」方式で実行されます。つまり、オブジェクトがVMにローカルであるという最良のシナリオでも、FTT1の場合で読み取りの50%、FTT2の場合は読み取りの66%がリモートから提供されるのです。 シナリオ2: vSANシナリオ1でVMをノード2にvMotionしてみましょう。vSANの 最適な読

1-クリックの進化...

本記事はPrincipal Product ManagerのCameron Stockwellが2019年6月7日に投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/evolution-of-1-click.html]こちら[/url]。 数週間前のアナハイムでの.NEXTカンファレンスのキーの戸で、Dheerajは大きくなった我々のポートフォリオとともに、アップグレード管理についての課題についてハイライトし、それでも我々は運用をシンプルに維持し続ける苦労について述べました。 「我々は5,6年前は2つのものをアップグレードしていればよかったのです - AOSとPrism - これは成長におけるパラドックスです -- 成長は複雑さを生み出します。そして複雑さは成長を殺していまいます。」[img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/6b3b6440-decf-47e7-940b-103d9e0030be.png[/img] 「アップグレードについて一般的には、30分程度しかかかっていなかったアップグレードが大規模なクラスタを持つお客様にとっては4〜5時間もの時間を要するようになってきている。 しかし、これは非常に大きな責任が伴う。すべてのサーバ、ファームウェア、ハイパーバイザー、全てについて考慮しながら、なおもダウンタイムを伴わずに実行しなくてはならない。」 [img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/43f43467-09d9-4ebb-b25f-c614c6acde25.png[/img] 「このカンファレンスは皆様が言う「最も複雑なことを素晴らしくやってのけるとはどういうことか?」ということに対するものになっています。もはや我々のキャンバスは5年前にそうであったようにシンプルなものでは、もはやなくなっているからです。 我々のキャンバスはより複雑なものになっており、そして、Nutanixに課せられたバーはこれまでと同じような素晴らしさを既存のお客様、そしてこうした複雑さを実際には見ることのない新しい我々のお客様に対してご提供するというものに

Nutanix HCI上でRed Hat OpenShiftをはじめよう

本記事はNUTANIX.DEVにMark Ravi氏が2021年10月26日に投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。  このブログシリーズでは実稼働環境グレードのNutanix AHVクラスタ上でのRed Hat OpenShiftのKubernetesを検討そして提供しているIT、DevOps、そしてシステム管理者へ向けたガイダンスを提供したいと考えています。 クラウドネイティブなデジタルトランスフォーメーション アプリケーションの物理サーバーから仮想ワークロードへの移行がこの20年にわたって続いてきましたが、仮想マシンからコンテナへの移行は始まって10年にもなりません。コンテナとしてアプリケーションをモダナイズさせて稼働させるためには新たなツールが必要になり、オープンソースのKubernetes project が次々に非常に広範なコンテナ管理システムを生み出してきています。  Kubernetesはクラウドネイティブな機能、アーキテクチャ、そして運用を提供しますが、それには新たなスキルセットが必要になり、そして迅速なソフトウェアのアップデートとパフォーマンスの拡張性のメリットを享受しようと考える従来型の組織にとって破壊的な変化を迫ります。Linuxオペレーティングシステムと同様に、Kubernetesには多くのディストリビューションが存在し、Red HatのOpenShift はハイブリッドクラウドをまたがった一貫性をもつ基盤とともに、アプリケーションをビルド、展開、稼働させるための市場を牽引するプラットフォームを提供しています。Red Hat OpenShiftにはOTA(over-the-air)アップデート、コンテナランタイム、ネットワーク機能、イングレス(Ingress)、監視、ロギング、コンテナレジストリ、そして認証、認定ソリューションが含まれています。  Nutanixはシンプルさ、拡張性そしてハイブリッドクラウドインフラストラクチャを提供しつつ、ストレージ、コンピュートそしてネットワークリソースおよびサービスの1-クリックアップグレードをお望みのハードウェア、パブリッククラウドそしてサービスプロバイダー上の環境で提供します。Red Hat OpenShiftをNutanix上で稼働させることで、フルスタックの、エンタープライズ向けにサポートされ

異なるモデルでのクラスタサポート - Nutanix vs VMware vSAN

本記事は2020年2月26日にJosh Odgers氏が投稿した記事の翻訳版です。原文はこちら。本シリーズの索引はこちら。 このシリーズでは、重複排除と圧縮、およびイレージャーコーディングを使用する際に、Nutanixがより多くの使用可能な容量を提供するとともに、より大きな容量効率、柔軟性、回復力、およびパフォーマンスを提供することを学びました。また、Nutanixははるかに簡単で優れたストレージのスケーラビリティを提供し、ドライブの障害による影響を大幅に軽減していることも知りました。このパートでは、異なるモデルで構成するクラスタのサポートについて説明します。これは、HCIプラットフォームの拡張機能にとって非常に重要であり、絶えず変化するユーザーの要件を満たす/それ以上を提供するということを学んでいきます。ハードウェアのキャパシティ/パフォーマンスは非常に速いペースで進歩し続けており、ユーザーが一様な(同一スペックのノードによる)クラスタを使用することを余儀なくされた場合、TCOは上がり、投資の回収に多くの時間を必要とする可能性があります。これだけでも好ましくない事態ですが、それだけでなく、ユーザーが非効率的なサイロを作らなければ、新しいハードウェアの性能や集約のメリットを活かせなくなることを意味します。つまるところ、古いSAN時代のように、ハードウェアを「総入れ替え」する必要があるような状況にはなりたくありません。それでは、簡単な「チェックボックスの比較」から始めてみましょう。 サポートされているクラスタのノード構成 Nutanix VMware vSAN Heterogeneous(異なるモデルノード混在構成) Homogeneous(同一モデルノードのみの構成) 以前にも私が記事で強調したように "チェックボックス "スタイルの評価は、一般的に製品の機能についての誤った理解につながることを述べました。今回の記事は、この("チェックボックス "スタイルの)評価における問題のまさに典型的なモデルで、簡単な例を挙げてみます。 再びDellEMCが推奨するハードウェアプラットフォームであるVxRail E-Seriesの4ノー

Nutanix AOS 5.11登場!

本記事は2019年8月5日にProduct Marketing Lead HCI CoreのMayank Guptaが投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/aos-5-11-is-here]こちら[/url]。 Nutanix [url=https://www.nutanix.com/blog/nutanix-aos-5-9-is-here]AOS 5.9[/url]は遡ること2018年10月にリリースされ、そのフォーカスは、より機能を増したソフトウェアベースの暗号化で既存のクラスタ内のデータをセキュアにすることや、ラックの障害に対応するためのアベイラビリティゾーンの機能向上、更にはDRのためのニアシンクへの機能向上でデータの保護や弾力性についてのものでした。 それ以降、我々Nutanixは絶え間なくNutanix HCIプラットフォームのコアを強化すべく活動を続け、AOSの5.10と5.11をリリースしました。AOS 5.10は2018年の12月にリリースされたもので、今回はAOS 5.11のリリースとそれが[url=http://portal.nutanix.com/]ポータル[/url]からダウンロードできるようになったことをお知らせできることを大変喜ばしく思います。 この2つのリリースは共にコアであるAOSのストレージパフォーマンス、ストレージキャパシティ、データ保護、セキュリティ、そしてクラスタのライフサイクル管理機能を向上させるものです。今回の記事では主な機能のうちのいくつかを取り上げたいと思います。機能向上についての完全なリストについては[url=https://portal.nutanix.com/#/page/docs/details?targetId=Release-Notes-Acr-v510:Release-Notes-Acr-v510][u]リリースノート[/u][/url]をご参照ください。 [h2][b]パフォーマンスと拡張性[/b][/h2][h3]ストレージQoS[/h3]Nutanix AOSのアーキテクチャにはすでにノイジーネイバー(やかましいお隣さん)から保護のためのQoSの機能が組み込まれています。AOS 5.11では、エンドユーザーによるストレージのサ

次なるフロンティア – ROBOおよびVDI環境に向けたインビジブルなライセンス

本記事は2019年8月7日にGreg White氏、Kong Yang氏、Adrian Finch氏が投稿した記事の翻訳版です。 原文は[url=https://www.nutanix.com/blog/next-frontier-invisible-licensing-for-robo-vdi-environments]こちら[/url]。 [img]https://d1qy7qyune0vt1.cloudfront.net/nutanix-us/attachment/83a96a65-c9cd-4609-9d8b-58144c43b9f4.png[/img] Nutanixは継続的にITがよりビジネスへと付加価値を提供できるようにするためのシンプル化に取り組んでいます。まず最初に我々が行ったことはインフラストラクチャをインビジブルにすること、そしてデータセンタ、現在はクラウドです。続いてライセンシングに取り組むべきというのは非常に論理的ではないでしょうか?うーん、ちょっと言いすぎかもしれませんが、それ以外の件と同様に我々はライセンシングからも複雑さを取り除きたいのです。 Nutanixは特定のユースケースについてキャパシティベース(CBL)とアプライアンスライセンシング以外の新しい選択肢となる利用モデルを導入し、様々なNutanixソフトウェアの利用をシンプルに計画、価格、購入を実現する方法をご提供します。2つの新しいユースケースは仮想デスクトップインフラストラクチャ(VDI)とリモートオフィス/ブランチオフィス(ROBO)環境です。 [h2] [/h2][h2]新しい利用モデルとはどのようなもの?[/h2]この消費モデルは幾つかのNutanixソフトウェアソリューションを一緒に「ライセンシング」するモデルで、これによってハードウェアとソフトウェアの購入は分離されることになります。これによって、インフラストラクチャのニーズに基づいてどこに、どのようにNutanixソフトウェアを展開するかという点で、大きな柔軟性が実現されることになります。それぞれのモデルはAOS、AHV、Prism Starterを含んでいます。 [list] [*]VDIについてはこのライセンスモデルはVDI per userと呼ばれ、同時ユーザー数をベースとします。 [*]ROBOにつ