Calm 3.0登場

  • 13 July 2020
  • 0 replies
  • 289 views

本記事は2020年6月17日にMayank Gupta氏が投稿した記事の翻訳です。原文はこちら

 

NutanixはNutanix Calm 3.0のリリースを発表できることを嬉しく思います。アップデートの全リストはこちらでご覧いただけますが、以下にいくつかのハイライトをご紹介したいと思います。

Nutanix Calmはご存知のように、開発者や運用チームのためのセルフサービスの仮想マシンとアプリケーションのライフサイクル管理、監視、標準化を提供します。発売以来、お客様はNutanix Calmを使用して、プライベートおよびパブリッククラウドのIaaS VMやビジネスアプリケーションの選択、プロビジョニング、管理を行ってきました。

 

ランブック(指示書)

 

3.0で新たに追加されたNutanix Calmランブックは、ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ内のインフラストラクチャとアプリケーション全体の自動化タスクのオーケストレーションを支援します。ランブックは、Nutanix Calmのブループリントによってすでに有効化されている仮想マシンやコンテナ、アプリケーションのライフサイクル管理以外のタスクを簡単かつスケーラブルにオーケストレーションする方法をユーザーに提供します。ランブックは、ロールベースのアクセスに基づいてエンドユーザーが手動で起動することも、REST APIを介してモニタリングツールやサービスデスクツールから起動して自動実行することもできます。

ユースケース例: アップグレード、パッチ、ロードバランサやファイアウォール等の共有リソースに対するヘルスチェックや設定変更

以前は、何百ものデータベースインスタンスにまたがる重要な脆弱性にパッチを当てるなどのタスクは、アプリケーションの各インスタンスにパッチを当てなければならないため、ブループリントを使って行うことは困難でした。ランブックは、何百ものアプリケーションインスタンス、または共有リソースのライフサイクル管理を簡素化します。

ランブックは、"何をするか "と "どこでやるか "を定義するオーケストレーションタスクの集合体です。シェル/パワーシェルコマンド、変数、HTTPリクエスト、遅延、ループ、分岐タスクをサポートしています。その性質上、ランブックはアプリケーションのグループに依存せず、ホスト名やIPアドレス、ポート、URLなどのエンドポイントを使用して実行します。汎用性を高めるために、ランブックタスクは仮想マシン、アプリケーション、およびカテゴリ上で実行することができます。 さらに、200以上のすぐに使えるタスクライブラリを事前に用意しています。

Nutanix Calmランブック作成画面

 

Infrastructure-as-Code (IaC) のためのドメイン固有言語 (DSL)

 

IaC (Infrastructure as Code) や AaC (Applications as Code) のプロビジョニングを行う DevOps チームのために、Nutanix Calm 3.0 では Python ベースのドメイン固有言語 (DSL) をサポートし、Nutanix Calm のブループリントをコードとして記述できるようになりました。DSL はNutanix Calm UI のすべての機能を提供しますが、人間が読みやすく、バージョン管理可能なコードで、最も複雑なアプリケーションシナリオにも対応できるという利点もあります。

例えば、ブループリントの構成要素である Services, Packages, Substrates, Deployments, Application Profiles のようなエンティティは、Python クラスとして定義することができます。ユーザーはそれらの属性をクラス属性として指定し、それらのエンティティに対するアクション(手続き的なランブック)をクラスメソッドとして定義することができます。また、Nutanix Calm DSLはYAMLやJSONなどのネイティブデータフォーマットを受け入れることができ、Nutanix Calmのブループリントのより大きなアプリケーションライフサイクルコンテキストでの再利用を可能にします。

Nutanix Calm DSLの例

 

また、DSLを使用することで、既存のすべてのバージョン管理、CI/CD、テストツールをDSLで活用することができます。何よりも優れているのは、DSLはオープンソースであり、Nutanix Githubで利用できることです。Nutanix Calm DSLのインストールとサンプルについては、こちらをご覧ください。

 

プロバイダーとしてのNutanix Xi Services

 

Nutanixでは、ハイパーバイザーからハードウェア、クラウドまで、常にお客様の自由な選択をサポートしてきました。Nutanix Calmのブループリントは、AWS、Azure、GCPなどの一般的なパブリッククラウド上にアプリケーションやサービスを展開するために使用できます。Nutanix Calmは、アプリケーションを基盤となるインフラストラクチャから切り離し、クラウド環境全体の運用を調和させます。Nutanix Calm 3.0では、Nutanix Xi Servicesをサポートするクラウドプロバイダーのリストに追加しました。

2020年6月現在、世界各地のNutanix Xi Servicesデータセンタの設置場所

 

Nutanix Xi Servicesをアプリケーション展開のためのクラウドエンドポイントとして追加するには、Nutanix Xi ServicesをオンプレミスのPrism Centralとペアリングする必要があります。

 

最後に、Nutanix Calm 3.0は、最新のNutanix Calmプラグインを介してServiceNowとの統合を強化しています。お客様は、ServiceNowの承認フローと監査機能を活用しながら、アップグレード、パッチ、拡張などを含むアプリのライフサイクルを自動化できるようになりました。その他のハイライトは、このプレスリリースに掲載されています。

 

結論として、Nutanix Calm 3.0の新機能は、自動化とオーケストレーションのジャーニーにおけるもう一つの重要なステップです。 このリリースの機能の完全なリストは、こちらで見ることができます。Nutanix Calmについてもっと詳しく知りたい方は、info@nutanix.comまでご連絡ください。それまでの間、いつでもガイド付きのテストドライブを利用して、Carmのエレガントでパワフルなシンプルさを最初に体験することができます。  

 

©️ 2020 Nutanix, Inc. 無断複写・転載を禁じます。Nutanix、Nutanixロゴ、およびここに記載されているその他のNutanix製品および機能は、米国およびその他の国におけるNutanix, Inc.の登録商標または商標です。の登録商標または商標です。ここに記載されている他のすべてのブランド名は、識別のためのものであり、それぞれの所有者の商標である可能性があります。この投稿には、Nutanix.comの一部ではない外部のウェブサイトへのリンクが含まれている場合があります。Nutanixはこれらのサイトを管理しておらず、外部サイトの内容や正確性について一切の責任を負いません。外部サイトにリンクするという当社の決定は、そのようなサイト上のコンテンツを推奨するものではありません。
この投稿には、明示的および黙示的な将来の見通しに関する記述が含まれている場合がありますが、これらは歴史的事実ではなく、当社の現在の期待、見積もり、信念に基づいています。このような記述の正確性にはリスクや不確実性が含まれており、当社のコントロールの及ばない可能性のあるものを含む将来の事象に依存しており、実際の結果は、このような記述によって予想または暗示されたものとは実質的に異なっており、悪影響を及ぼす可能性があります。この投稿に含まれる将来の見通しに関する記述は、その日付の時点でのものであり、法律で義務付けられている場合を除き、当社は、その後の出来事や状況を反映するために、将来の見通しに関する記述を更新したり、その他の方法で修正したりする義務を負いません。


0 replies

Be the first to reply!

Reply